解説(4日・さる)

☆さる年…生より死に向っていると思っているが人間は死より生を見つめる智恵あり

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月4日から引用

人は、生まれてから、皆誰もが死に向かって生きております。この先、年を重ねていけば、逃れることが出来ないのが死というもの。

死にたくないという思いから、延命長寿のために行動することは、死と向き合った末の行為ではなく、死と向き合いたくないための目を逸らした行いです。

本当に死と向き合ったとき、そこに何があるのか。そこにあるのは、ただ死ぬということだけ。それ以外に何もありません。死後の世界については置いておき、今世死ぬということは、そこでその一生を終えるということ、ただそれが事実です。

その事実と向き合ったとき、心はどう働くでしょう。逃げるのではありません、逃げた所で、逃げ切れるものではない、それは、自分の身に直接起こること。では、どうするのか。

死ぬことについて、考えることは何もないということ。それは、ただの終わり、そこに何かがあるわけではありません。

大切なのは、今、生きているということと、何でも行動することができるということ。

どんな思考を持ち何に時間をかけるのか、そのことを思えば、死ぬことを考える時間ではなく、生き方を考えることの大切さに気付くことでしょう。

死はただそこにあるが、生の輝きは人それぞれ。考えるべきを誤るな。

他の解説を読む

  • 世界の真実を知り、実行するとき世界の真実を知り、実行するとき ☆う年…真実の法の言葉を聞く人は至福者である 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月20日から引用 人は、生きる上で、自分でも気付かない無意識の中で信じていることがあります。 その信じているもの […]
  • 物事へのこだわりと抵抗を手放す物事へのこだわりと抵抗を手放す ☆うし年…時を止めた者はいない。変化を恐れる事なかれ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月18日から引用 時が止まることはありません。 幸せの絶頂であっても、絶望の淵であっても、必ず時は流れ、 […]
  • 変わらないことへの不安について変わらないことへの不安について ☆とら年…生まれる環境は選べぬ。悩みても骨折り損となり易し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月19日から引用 人は、生まれてから、その環境を選び直すことはできません。 どんなに自分にとって悩 […]
  • 変わるべきは自分である変わるべきは自分である ☆ね年…心に大いなる願望あれば小事は目に留まらず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月17日から引用 物事が上手く運ばない時、日々の生活がどうしようもなくくだらなくて退屈に思える時もあるでしょう。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村