2018解説

解説(4日・さる)

☆さる年…生より死に向っていると思っているが人間は死より生を見つめる智恵あり

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月4日から引用

人は、生まれてから、皆誰もが死に向かって生きております。この先、年を重ねていけば、逃れることが出来ないのが死というもの。

死にたくないという思いから、延命長寿のために行動することは、死と向き合った末の行為ではなく、死と向き合いたくないための目を逸らした行いです。

本当に死と向き合ったとき、そこに何があるのか。そこにあるのは、ただ死ぬということだけ。それ以外に何もありません。死後の世界については置いておき、今世死ぬということは、そこでその一生を終えるということ、ただそれが事実です。

その事実と向き合ったとき、心はどう働くでしょう。逃げるのではありません、逃げた所で、逃げ切れるものではない、それは、自分の身に直接起こること。では、どうするのか。

死ぬことについて、考えることは何もないということ。それは、ただの終わり、そこに何かがあるわけではありません。

大切なのは、今、生きているということと、何でも行動することができるということ。

どんな思考を持ち何に時間をかけるのか、そのことを思えば、死ぬことを考える時間ではなく、生き方を考えることの大切さに気付くことでしょう。

死はただそこにあるが、生の輝きは人それぞれ。考えるべきを誤るな。