解説(4日・う)

☆う年…破れ障子を繕う象。悪しきを修繕すべし

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月4日から引用

ほんの少しのことであっても、とても目に付くものがあります。

それは、日常のほんの些細なことかもしれません。しかし、そのことは、全体の印象に影響しています。

障子は、破れた時、その障子全体を貼り替えることはしません。破れた箇所のみを、新しくし、元の統一感のある美しさに戻します。

また、破れた箇所を良しとして、まったく別の素材や柄の紙を貼ることもできます。その時、障子全体の印象はガラリと変わり、まったく新しい個性へと生まれ変わります。

元々の美しさも良し、個性を活かすも良し。

その一カ所の破れは、そのままでは難点であっても、繕い方次第、心持ち次第で、素晴らしい個性へと生まれ変わるのです。

他の解説を読む

  • 解説(12日・う)解説(12日・う) ☆う年…日進月歩、天地は悠然と巡る。山川草木と同じく善きも悪きも自然に任すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月12日から引用 人間社会の中におりますと、他者からの比較批判、社会的な地位や […]
  • 解説(20日・う)解説(20日・う) ☆う年…先祖を敬う者は人を敬う心あり。事業発展 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月20日から引用 みなさまは、生きている、ということについて、いかがお考えですか。 自分の力で生きている、 […]
  • 解説(13日・う)解説(13日・う) ☆う年…我が心をどこに住まわせるかにより苦とも楽ともなる 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月13日から引用 怒りやすい方、流されやすい方、人との距離を取りやすい方、色んな方が、いらっしゃいます。 […]
  • 解説(8日・う)解説(8日・う) ☆う年…過去に愚痴、未来に不安、現在に不平。人生の敗北者となる 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月8日から引用 過去の出来事に愚痴をいい、現在の不平不満を嘆き、未来に対する不安を抱く。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村