解説(3日・う)

☆う年…虎穴に入らずんば虎の子を得ず。思い切って事に着手して功あり

東京新聞TOKYO Web
平成29年7月3日から引用

生きておりますと、普段の代わり映えのない生活の中で、事を起こす機会というのは、日々巡ってまいります。

そこに着手するか否かは、その時の心の状況によって変わるでしょう。

常に変化を求めればいいという訳ではありませんが、向上心を持たないというのも違います。

変わった方がいいことと、変わってはいけないことは、見極めなければなりません。

変化する、というのは、今までとは異なるということ、そこには期待と不安があります。

特に、大きな変化というのは、今までにない決断が必要となり、尻込みをしてしまう時もあるかもしれません。

しかし、変化を怖いと思うことほど、変えた方がいいことであるのも事実。怖いと思う感情は、変化に対する自分の最後のあがきなのです。

変化を恐れず、こだわりを捨てて柔軟な心を持ちましょう。常に新鮮な気持ちで物事に接していけば、自ずと身体は動き、物事は好転していくでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(12日・う)解説(12日・う) ☆う年…日進月歩、天地は悠然と巡る。山川草木と同じく善きも悪きも自然に任すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月12日から引用 人間社会の中におりますと、他者からの比較批判、社会的な地位や […]
  • 解説(20日・う)解説(20日・う) ☆う年…先祖を敬う者は人を敬う心あり。事業発展 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月20日から引用 みなさまは、生きている、ということについて、いかがお考えですか。 自分の力で生きている、 […]
  • 解説(13日・う)解説(13日・う) ☆う年…我が心をどこに住まわせるかにより苦とも楽ともなる 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月13日から引用 怒りやすい方、流されやすい方、人との距離を取りやすい方、色んな方が、いらっしゃいます。 […]
  • 解説(8日・う)解説(8日・う) ☆う年…過去に愚痴、未来に不安、現在に不平。人生の敗北者となる 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月8日から引用 過去の出来事に愚痴をいい、現在の不平不満を嘆き、未来に対する不安を抱く。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村