2017解説

解説(3日・うま)

☆うま年…無欲なれば静かなり。静かなれば安穏なり。商売も無欲にして繁昌

東京新聞TOKYO Web
平成29年11月3日から引用

私たちには、何か物事を考えたとき、望む心というのが起こります。

商売ならば、もっと売れて欲しい、大口の取引があってほしい、人間関係ならば、意中の人と仲良くなりたい等、心というのは、常に発展を望んでおります。

この望む心、少しであれば生きていく上での活力になりますが、行き過ぎてしまえば、大きな欲として、自分の中に渦巻くことになるでしょう。

大きな欲は、ワガママという欲でございます。商売や人間関係が、自分の望む通りになってほしい、という心が起きて、そのワガママに振り回されれてしまえば、思い通りにならないことについて、心は荒立つことでしょう。そうなれば、物事は上手くはいかなくなります。

物事発展のコツは、心が振り回されるような欲を持たないということ。発展を妨げているのは自分自身のワガママであるということに気づき静かな心で取り組んでいけば、順調に物事は運び、発展していくことでしょう。