解説(28日・う)

☆う年…尻に火が付く様な事が起こりても動揺なければやがて消散

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月28日から引用

物事は、常に移り変わっていきます。一つの状況が永久に続くということは、有り得ません。

どんな時にでも重要なことは、とらわれない、ということ。物事にとらわれてしまうと、周りが見えなくなり、かたよった判断をしてしまいがちです。

どんなに慌てる事態になっても、ブレることなく、動揺せずに対処できたなら、やがて状況は落ち着き、事態は自ずから好転していくでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(12日・う)解説(12日・う) ☆う年…日進月歩、天地は悠然と巡る。山川草木と同じく善きも悪きも自然に任すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月12日から引用 人間社会の中におりますと、他者からの比較批判、社会的な地位や […]
  • 解説(20日・う)解説(20日・う) ☆う年…先祖を敬う者は人を敬う心あり。事業発展 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月20日から引用 みなさまは、生きている、ということについて、いかがお考えですか。 自分の力で生きている、 […]
  • 解説(13日・う)解説(13日・う) ☆う年…我が心をどこに住まわせるかにより苦とも楽ともなる 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月13日から引用 怒りやすい方、流されやすい方、人との距離を取りやすい方、色んな方が、いらっしゃいます。 […]
  • 解説(8日・う)解説(8日・う) ☆う年…過去に愚痴、未来に不安、現在に不平。人生の敗北者となる 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月8日から引用 過去の出来事に愚痴をいい、現在の不平不満を嘆き、未来に対する不安を抱く。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村