解説(27日・ひつじ)

☆ひつじ年…お浄土は心に開かれている世界である。我を見つめれば今がお浄土

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月27日から引用

浄土に行くということは、死後に行けるか行けないか、という話ではありません。

信じていれば、死後に行くことができるかもしれない、そのために、辛い毎日を過ごす。それでは、今を生きている人たちが救われることはありません。

信仰とは、時代とともに受け入れ方が変化していくもの。そして、信仰とは、結果ではないのです。

信じた結果、行けるかもしれないのではなく、信じるということは、その世界に生きるということ、信仰とは、現状のこと。

生きながらに、その信じる世界の中に入るのです。

自分の心を見つめて、そこにどんな信仰があるのか、向き合ってみましょう。本当の信仰というのは、すがるものではなく、自分の生き方そのものなのだということを、感じるのです。

自分の心に正しく生きていけば、間違えることはないでしょう。

他の解説を読む

  • 貪りから離れるとき貪りから離れるとき ☆ひつじ年…餓鬼の心になりて事を損ずる。むさぼりから離れよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月5日から引用 人の心というものは、きっかけを作ってしまうと、あっという間に堕ちていきます。 欲 […]
  • 心と同調した生き方のために心と同調した生き方のために ☆み年…道を行くに自らを後回しにして他人を先にするように心がけよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月3日から引用 人が行動するのには、動機が必要なことがあります。 ただ、動機が必要な場合と […]
  • 教育のあり方を見直すとき教育のあり方を見直すとき ☆うま年…子供の教育の最良の第一は礼を教える事である 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月4日から引用 子供への教育について。 近年は、誰もがお勉強の点数という基準において評価され、順位付け […]
  • 言葉による進化と退化言葉による進化と退化 ☆たつ年…会って語らず、以心伝心にて人生の機微を知る 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月2日から引用 言葉ほど便利なものはありません、古来、人は言葉を発し文字を使うことによって脳が発達し、ここま […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村