解説(27日・ひつじ)

☆ひつじ年…お浄土は心に開かれている世界である。我を見つめれば今がお浄土

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月27日から引用

浄土に行くということは、死後に行けるか行けないか、という話ではありません。

信じていれば、死後に行くことができるかもしれない、そのために、辛い毎日を過ごす。それでは、今を生きている人たちが救われることはありません。

信仰とは、時代とともに受け入れ方が変化していくもの。そして、信仰とは、結果ではないのです。

信じた結果、行けるかもしれないのではなく、信じるということは、その世界に生きるということ、信仰とは、現状のこと。

生きながらに、その信じる世界の中に入るのです。

自分の心を見つめて、そこにどんな信仰があるのか、向き合ってみましょう。本当の信仰というのは、すがるものではなく、自分の生き方そのものなのだということを、感じるのです。

自分の心に正しく生きていけば、間違えることはないでしょう。

他の解説を読む

  • 心を静かにするということの先に心を静かにするということの先に ☆さる年…心が静かであれば鏡の如く人生百般が映りて過ちなし 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月29日から引用 心が落ち着くとは、ある一つの境地であります。それほどに、今の世を生きるとは、心が乱れや […]
  • 身体の衰えを感じたとき 心の状態を見つめてみましょう身体の衰えを感じたとき 心の状態を見つめてみましょう ☆うま年…身体の衰えは家屋が強風に吹かれるが如し。基礎を固めよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月27日から引用 心と身体は連動しております。 身体に起こる変化は、心の状態を表し、また心が学 […]
  • 語るということ 沈黙でも多弁でもない道語るということ 沈黙でも多弁でもない道 ☆ひつじ年…言語の少ない者は貴人の如し。多弁の害を知りて吉運来らん 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月28日から引用 古くから、口は禍(わざわい)のもと、と言われておりますが、だからと言って、必要 […]
  • 初心にかえるとき 学びは常に初めてだと知る初心にかえるとき 学びは常に初めてだと知る ☆み年…周りが気にかけてくれるのも初心のうち。その間に良く学べ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月26日から引用 誰にでも初めて、という時がございます。 人に教えを請うことがあれば、1人で調 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村