解説(27日・ひつじ)

☆ひつじ年…お浄土は心に開かれている世界である。我を見つめれば今がお浄土

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月27日から引用

浄土に行くということは、死後に行けるか行けないか、という話ではありません。

信じていれば、死後に行くことができるかもしれない、そのために、辛い毎日を過ごす。それでは、今を生きている人たちが救われることはありません。

信仰とは、時代とともに受け入れ方が変化していくもの。そして、信仰とは、結果ではないのです。

信じた結果、行けるかもしれないのではなく、信じるということは、その世界に生きるということ、信仰とは、現状のこと。

生きながらに、その信じる世界の中に入るのです。

自分の心を見つめて、そこにどんな信仰があるのか、向き合ってみましょう。本当の信仰というのは、すがるものではなく、自分の生き方そのものなのだということを、感じるのです。

自分の心に正しく生きていけば、間違えることはないでしょう。

他の解説を読む

  • 人が背負う価値観について人が背負う価値観について ☆ね年…子供が仲良く遊ぶ象。何事も邪心なくして喜び多し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月5日から引用 人と人は、謀り事なくまっさらな状態で接し合うことが出来れば、お互いがお互いを優しさで包み合う […]
  • 発する言葉に気を付ける発する言葉に気を付ける ☆いぬ年…仁丹を噛みて口中爽やか。本日は良き言葉を出して吉日なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月3日から引用 人の口というのは、日々汚れてしまうものであります。 思い返して頂きたいのです […]
  • 過去に縛られ生きている人々へ過去に縛られ生きている人々へ ☆い年…過去の誉れより今後の謗りがなきように。未来悪ければ過去の栄光も水の泡 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月4日から引用 世の中の大抵の人は、過去の中を生きております。 子供の時分に親に […]
  • 先見の明を持つ先見の明を持つ ☆とり年…政治でも経済でも人生でも、未来を予想しなければ何事も出来ず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月2日から引用 この世の中を渡っていくにあたり、重要なポイントがいくつかございますが、本日はそ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村