解説(27日・ひつじ)

☆ひつじ年…お浄土は心に開かれている世界である。我を見つめれば今がお浄土

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月27日から引用

浄土に行くということは、死後に行けるか行けないか、という話ではありません。

信じていれば、死後に行くことができるかもしれない、そのために、辛い毎日を過ごす。それでは、今を生きている人たちが救われることはありません。

信仰とは、時代とともに受け入れ方が変化していくもの。そして、信仰とは、結果ではないのです。

信じた結果、行けるかもしれないのではなく、信じるということは、その世界に生きるということ、信仰とは、現状のこと。

生きながらに、その信じる世界の中に入るのです。

自分の心を見つめて、そこにどんな信仰があるのか、向き合ってみましょう。本当の信仰というのは、すがるものではなく、自分の生き方そのものなのだということを、感じるのです。

自分の心に正しく生きていけば、間違えることはないでしょう。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村