2017解説

解説(27日・いぬ)

☆いぬ年…晴れにも非ず曇りにも非ず。心中爽快ならず、心気一転すべし

東京新聞TOKYO Web
平成29年8月27日から引用

生きておりますと、なかなか気持ちが晴れない、何をするにもやる気が出ない、という日もあることと思います。

どうにもこの中途半端な状態から抜け出せない、という方もいらっしゃるのでは。

心は難しいもので、気が晴れるようなことをすればいいか、というと、必ずしもそうではありません。

心は、常に働いております。五官で感じたことに対して、常に反応し、出来事の中に、とらわれてしまうこともあるでしょう。

気が晴れること、ではなく、心が休まることを、選択しましょう。

意識して休めるのではなく、無心になれる時間を、大切にいたしましょう。

そうすることで、頑なだった心は解けて、気持ちも新たになることでしょう。