解説(26日・み)

☆み年…井の中の蛙なれどもその場所で大宇宙をしている。我も遠方に行かなくとも自分自身が大宇宙である

東京新聞TOKYO Web
平成29年11月26日から引用

私たちは、場所や空間を大切にします。特別な場所でしか経験できないことがある、と。

それはそれで事実かもしれませんが、果たしてその場所がなければ、その人は向上できないのか、といえば、そんなことはありません。

どうしても、真新しいものや、革新的なものに目が行きがちですが、今、ここで出来ることの全てについては、人はなかなか気付くことが出来ません。

自身の向上に必要なのは、広い世界を知ることではなく、自分自身の存在を掘り下げていくことにあります。

井の中の蛙が知らないのは、大海でもあり、自分自身でもあるのです。

自分自身を見つめていくと、解ってくるのは自分のことというよりも、自分自身を通して、人間の存在や、この世界についての理解が深まっていく。

自分自身がそのままこの世界・大宇宙に繋がっていることに気付くことができれば、自ずと自分が何をするべきなのかが、見えてくるでしょう。

井の中の賢者、大海を見ずして、大海を識る。

他の解説を読む

  • 解説(27日・み)解説(27日・み) ☆み年…有用な物より無用な物が目に見えぬ働きをしている。視点を変えるべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月27日から引用 私たちは日頃から、華やかな物や、便利な物、新しい物に目が行きがちです。そ […]
  • 解説(29日・み)解説(29日・み) ☆み年…自分をよく治める事は他人を治める事につながる 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月29日から引用 物事がうまくいっていない時、対人関係や、他に起こる出来事まで、何もかもうまくいかない、と […]
  • 解説(15日・み)解説(15日・み) ☆み年…まず自らを愛してより人を愛せよ。自他一如なり 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月15日から引用 みなさま、自分という人間について、どういう風に思っておいででしょう。 自分はどういう人 […]
  • 解説(17日・み)解説(17日・み) ☆み年…活動するに美がある。無心に行いて極美を得る 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月17日から引用 この世の中は、みなさまの気付きによって、保たれています。大きなことを行うことも大切ですが、 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村