解説(26日・うし)

☆うし年…親は子に厳しく孫には優しい。子孫の情あり

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月26日から引用

子を育てるうえで、躾は必要不可欠です。

薬師寺の管主を務められた高田好胤さんも、子供の個性は伸ばすべきだが、個性が野性にならぬように、ときには個性を剪定することも親の役目だとおっしゃっておられたと聞いております。

躾は、しつけ糸のように、子供が正しく生きていけるように指針付けるもの。やがて子は、そのしつけ糸をとり、自分らしく歩んで行きます。

きちんと躾るために、ときには子に厳しくすることもあるでしょう。しかしそれは、愛情から出る厳しさです。

そのすべては、この多様な世界で生きていくための心得です。

ただ、間違ってはいけないことは、子供の人生は子供のもの、ということ。親が自分の都合や価値観を押し付けるような躾は、あってはなりません。

躾があるから、子には厳しく、躾の役割から離れれば、孫には優しくなる、そのどちらも同じ愛情から起こることです。

しかし、親の心が、情を離れて、純粋な愛に至ることができれば、子や孫は一人の独立した人格であることに気付くでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(22日・うし)解説(22日・うし) ☆うし年…心がのびのびしてにこやかな人は修養の徳を重ねし結果なり 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月22日から引用 穏やかで心が伸びやかな方は、接する人や場所を和やかにすることができる。そうした […]
  • 解説(18日・うし)解説(18日・うし) ☆うし年…誰も見てない時こそ正道を歩むべし。天知り地知るなり 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月18日から引用 誰も見ていなくても、お天道様が見ているよ。 今はあまり聞かない言葉ですが、 […]
  • 解説(30日・うし)解説(30日・うし) ☆うし年…新幹線や飛行機だけが旅ではない。弥次喜多に学べ 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月30日から引用 日々、科学技術が発達いたしますと、早さというものも重視されるようになりました。 近 […]
  • 解説(25日・うし)解説(25日・うし) ☆うし年…清澄な水には魚が棲みにくい。完璧すぎる時こそ注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月25日から引用 人と接するとき、また、生き方として、絶対的な正しさを目指すことは、決して悪いこ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村