解説(25日・み)

☆み年…昔と今を比べれば今は高級生活である。しかし感謝なければ低級となる

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月25日から引用

日々、便利になっている世の中を生きておりますと、当たり前だと言えてしまうものがどんどんと増えてきているように感じます。

飛行機や船、電車などの交通手段が発達し、電話やメールなどの連絡手段も普及しました。

それらは、昔では想像も出来なかったこと、しかし、今では当たり前のこととして、生活の中に根付いてしまいました。

そうした世の中を生きていておりますと、忘れてしまいがちなのが感謝をするということ。

人は、便利が行き渡ると、そこに安さと正確さを求めました。しかし、それらのしわ寄せは、自分たちに回り返ってまいります。

便利さに、更なる価値を求め続ける世の中は、終わりを迎えています。人の欲望は、自分たちを苦しめていることに、気が付かなければなりません。

もう一度、自分の周りのものの価値を考えてみましょう。そこにあるのは、更なる求める心ではなく、感謝の心ではなくてはなりません。心が豊かな人生でありますように。

他の解説を読む

  • 人生において大切にすべきは何か人生において大切にすべきは何か ☆ね年…平素を大切にすれば人生の悦楽あり。非常を好まぬように 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月7日から引用 人はとかく、普段と違う出来事にこそに価値を見出し、その思い出に浸り、またその物事を望む […]
  • 足るを知るとは程度を見極めるということ足るを知るとは程度を見極めるということ ☆いぬ年…塩分は必要であるが取りすぎれば害となる。程度を知るべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月5日から引用 何事にも程度というものがございます。 どんな良薬であっても、摂り過ぎは毒。 […]
  • 楽しむということの本質とは如何楽しむということの本質とは如何 ☆い年…自然の楽しみを語る者は都会の楽しみも知る者。一方極めればもう一方も極まる 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月6日から引用 物事を楽しむとは、単に道楽にかまけることを指すのではありません。 […]
  • 水の性質から学ぶべきこと水の性質から学ぶべきこと ☆とり年…水は変幻自在。環境変われども水のごとく柔らかい心にて安穏 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月4日から引用 水とは、受け入れる力。 水には、どのような障害であっても、全てを包み込む包 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村