解説(25日・み)

☆み年…昔と今を比べれば今は高級生活である。しかし感謝なければ低級となる

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月25日から引用

日々、便利になっている世の中を生きておりますと、当たり前だと言えてしまうものがどんどんと増えてきているように感じます。

飛行機や船、電車などの交通手段が発達し、電話やメールなどの連絡手段も普及しました。

それらは、昔では想像も出来なかったこと、しかし、今では当たり前のこととして、生活の中に根付いてしまいました。

そうした世の中を生きていておりますと、忘れてしまいがちなのが感謝をするということ。

人は、便利が行き渡ると、そこに安さと正確さを求めました。しかし、それらのしわ寄せは、自分たちに回り返ってまいります。

便利さに、更なる価値を求め続ける世の中は、終わりを迎えています。人の欲望は、自分たちを苦しめていることに、気が付かなければなりません。

もう一度、自分の周りのものの価値を考えてみましょう。そこにあるのは、更なる求める心ではなく、感謝の心ではなくてはなりません。心が豊かな人生でありますように。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村