2017解説

解説(24日・う)

☆う年…難中にても活路あり。捨てても浮かぶ瀬あり。思い切りが肝心

東京新聞TOKYO Web
平成29年11月24日から引用

生きておりますと、もうどうしようもないと、人生の岐路に立たされることがあります。

決断をせまられても解決策が浮かばず、悩み苦しい時を過ごすかもしれません。

さて、人は自分の人生について、どこまで見通すことが出来ているでしょうか。人生の大きな流れについて、気付けいるかといえば、俯瞰して見ることが出来ている人など、ほとんどいないでしょう。

自分が今、どこに立っているのか、どういう流れの中に身をおいているのか、もしそれに気付くことが出来れば、人生の決断も変わってまいります。

どうしようもなくなった時、必要なのは思い切りの良さ。今までの自分にこだわることなく、全てを手放してみると、思いがけない展開によって、救われることがあるでしょう。

その時に、自分の人生の大いなる流れを知ることになります。自分の人生を信じて、生きてまいりましょう。行き止まりと思った所から、切り開かれる人生もあるのです。