解説(24日・い)

☆い年…昏々として寝床を恋する事なかれ。早朝に喜びあらん

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月24日から引用

睡眠は、人が生命を維持する上で必要不可欠なもの。

睡眠には取るべき相応しい時間があります。同じ人であっても、睡眠が7時間必要な日もあれば、4時間で足りる日もあるでしょう。

心と体を休める為でありますが、睡眠の大きな役割の一つに、ストレスの軽減、というものがあります。

日頃の辛いことも、寝ていれば忘れていられる、という経験をした方も少なくないでしょう。

また、柔らかな布団に包まれていると、それだけで癒やされる。それ故に、もう少し、もう少しと、必要以上に横になる時間が多くなってしまいがちです。

しかし、睡眠の取り過ぎは、心の欲でしかありません。睡眠は、取れば取るだけ、眠くなるもの。人の欲望が、求めれば求めるだけ増えていくのと同じことです。

ただ、睡眠は決して悪いことではなく、快い睡眠は、人生の良薬となります。

また、生命が維持されているのは、太陽の恵みがあればこそ、植物も動物も、太陽なしでは生きていけません。

太陽とともに眠り、太陽とともに起きる。夕陽に1日の感謝をし、朝陽に1日の喜びを伝える。

相応しい睡眠を取り、太陽と同じサイクルで活動することにより、心も体も健やかでいられるとともに、エネルギーの芽吹く朝陽が注がれる世界の中に、人生の喜びを感じるでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(15日・い)解説(15日・い) ☆い年…人を使うに道を失えば家族も離れる。人道を外れるな 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月15日から引用 人と人とは、関わり合いながら生きております。人に物を頼まれることがあれば、自分が人にお […]
  • 解説(4日・い)解説(4日・い) ☆い年…心身いたずらに労して功無し。これ欲心ある故で、猛省して自家に閑居するが良し 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月4日から引用 みなさま、日々、お仕事や家事をこなされ、ご苦労も多いことと思 […]
  • 解説(9日・い)解説(9日・い) ☆い年…暗室に居して独り慎む。やがて天佑あり 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月9日から引用 毎日、同じように生活をしておりましても、その日その日に起こる出来事によって、様々な心の動きがございます […]
  • 解説(23日・い)解説(23日・い) ☆い年…葉に朝露のほとばしる象。汗流して働きて功上がらず。静かに休養を取るべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月23日から引用 人生には、さまざまな時期があります。常に順風満帆には行かないか […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村