解説(23日・う)

☆う年…頂上に登った如く爽快なるが、下る用意も忘れずに

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月23日から引用

子供の時分に、遠足は家に帰るまでが遠足ですよ、と言われた覚えがあります。

物事は、どこまでがその物事なのか、よく言い表せている気がいたします。

何かを成し遂げる上で、成し遂げるまでの工程はもちろん大切なのですが、成し遂げた後の行動によって、その物事が良しとなるのか、無意味なものとなるのか、変わっていくということは、あまり認識されていないように思います。

物事は、成し遂げたら終わりではないのです。寧ろ、成し遂げた達成感の中で、どういう行動をとるのか、またその後にどういう行動に出るのか、そこを見られているのです。

達成した時というのが、実は最も自分の質が下がる恐れがあります。達成感や安堵感によって、自分を落とさぬように、どんな時でも丁寧な行動を心掛けましょう。

他の解説を読む

  • 真の愛を考える真の愛を考える ☆さる年…胎児以前の細胞から子を思う、母の願力を忘れてはならぬ 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月3日から引用 禅の問答に「父母未生以前本来面目如何」というものがあります。 これは、夏目漱石 […]
  • 熱しやすく醒めやすいということ熱しやすく醒めやすいということ ☆うま年…熱湯は冷めやすい。興奮して事を為せば醒めやすいと知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月1日から引用 物事に懸命に取り組むことは、とても大切なことです。 人生における新たな展開、新 […]
  • 自己の本質を見つけるために自己の本質を見つけるために ☆ひつじ年…地下を掘って湧き水に当たるように、自己の内面を掘って喜び湧き出づる 東京新聞TOKYO Web 平成30年7月2日から引用 自分が活かされる場所、また、活かされるべき才能というのは、自分では分 […]
  • 特別な時とは何か特別な時とは何か ☆み年…今日のただ今を離れては何も成さず。歴史的な現実の今日を大切にせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月30日から引用 今この瞬間というものが特別でないのなら、一体どの瞬間が特別なのか。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村