解説(23日・う)

☆う年…頂上に登った如く爽快なるが、下る用意も忘れずに

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月23日から引用

子供の時分に、遠足は家に帰るまでが遠足ですよ、と言われた覚えがあります。

物事は、どこまでがその物事なのか、よく言い表せている気がいたします。

何かを成し遂げる上で、成し遂げるまでの工程はもちろん大切なのですが、成し遂げた後の行動によって、その物事が良しとなるのか、無意味なものとなるのか、変わっていくということは、あまり認識されていないように思います。

物事は、成し遂げたら終わりではないのです。寧ろ、成し遂げた達成感の中で、どういう行動をとるのか、またその後にどういう行動に出るのか、そこを見られているのです。

達成した時というのが、実は最も自分の質が下がる恐れがあります。達成感や安堵感によって、自分を落とさぬように、どんな時でも丁寧な行動を心掛けましょう。

他の解説を読む

  • 身体の衰えを感じたとき 心の状態を見つめてみましょう身体の衰えを感じたとき 心の状態を見つめてみましょう ☆うま年…身体の衰えは家屋が強風に吹かれるが如し。基礎を固めよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月27日から引用 心と身体は連動しております。 身体に起こる変化は、心の状態を表し、また心が学 […]
  • ただ進むだけが能ではない 休息の大切さを知るただ進むだけが能ではない 休息の大切さを知る ☆たつ年…ちょっと一服が良い結果を生む。身心共に休息が必要な時 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月25日から引用 物事が変化していく時、また、変化しそうな時というのは、どうにか変化させたい、または […]
  • 初心にかえるとき 学びは常に初めてだと知る初心にかえるとき 学びは常に初めてだと知る ☆み年…周りが気にかけてくれるのも初心のうち。その間に良く学べ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月26日から引用 誰にでも初めて、という時がございます。 人に教えを請うことがあれば、1人で調 […]
  • 他人も自分も同じ事 至らない現実を見つめる他人も自分も同じ事 至らない現実を見つめる ☆う年…他人の欠点だと思ったことが我が身の欠点であった。他人は写し鏡 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月24日から引用 人の振り見て我が振り直せ、という諺がありますが、この世に生きる上で、人に起こ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村