解説(23日・う)

☆う年…頂上に登った如く爽快なるが、下る用意も忘れずに

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月23日から引用

子供の時分に、遠足は家に帰るまでが遠足ですよ、と言われた覚えがあります。

物事は、どこまでがその物事なのか、よく言い表せている気がいたします。

何かを成し遂げる上で、成し遂げるまでの工程はもちろん大切なのですが、成し遂げた後の行動によって、その物事が良しとなるのか、無意味なものとなるのか、変わっていくということは、あまり認識されていないように思います。

物事は、成し遂げたら終わりではないのです。寧ろ、成し遂げた達成感の中で、どういう行動をとるのか、またその後にどういう行動に出るのか、そこを見られているのです。

達成した時というのが、実は最も自分の質が下がる恐れがあります。達成感や安堵感によって、自分を落とさぬように、どんな時でも丁寧な行動を心掛けましょう。

他の解説を読む

  • 発する言葉に気を付ける発する言葉に気を付ける ☆いぬ年…仁丹を噛みて口中爽やか。本日は良き言葉を出して吉日なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月3日から引用 人の口というのは、日々汚れてしまうものであります。 思い返して頂きたいのです […]
  • 欲望という自由意志の選択について欲望という自由意志の選択について ☆さる年…欲望に呑まれれば自分をも蝕むと知れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月1日から引用 この世の中を生きていくというのは、完全なる自由意志のもと選択をしているということ。 与えられた状 […]
  • 先見の明を持つ先見の明を持つ ☆とり年…政治でも経済でも人生でも、未来を予想しなければ何事も出来ず 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月2日から引用 この世の中を渡っていくにあたり、重要なポイントがいくつかございますが、本日はそ […]
  • 人間と他の動物との違いについて人間と他の動物との違いについて ☆ひつじ年…人間は他の生物よりも優れた才知あるから苦しむ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月31日から引用 人間と他の動物と比べて特に優れている点とは何でしょうか。 それは、良くも悪くも頭が […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村