解説(23日・いぬ)

☆いぬ年…物事の道理に明らかな者は、世相の変化に応ずる柔軟心あり

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月23日から引用

人が勘違いをしてしまうことの中に、この世の中は変わらない、ということと、自分は常に存在する、ということがあります。

しかし、世の中は常に移り変わっていくし、自分という存在もいつかは終わりを向えます。

この世の中は、はかなく、あるがままである、ということを悟れば、どのような変化にも柔軟に対応することができるでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(14日・いぬ)解説(14日・いぬ) ☆いぬ年…物を生かすも殺すも人の心である。心を尊重して太平 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月14日から引用 この世は物質世界でございます。物質的な進化が、人の豊さを作っていったと言っても、過言 […]
  • 解説(15日・いぬ)解説(15日・いぬ) ☆いぬ年…愛は統一であり、怒りは分裂である。家庭生活で特に注意 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月15日から引用 みなさま、いかがお過ごしですか。心穏やかな日々を送られていますでしょうか。 […]
  • 解説(27日・いぬ)解説(27日・いぬ) ☆いぬ年…晴れにも非ず曇りにも非ず。心中爽快ならず、心気一転すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月27日から引用 生きておりますと、なかなか気持ちが晴れない、何をするにもやる気が出ない、という […]
  • 解説(3日・いぬ)解説(3日・いぬ) ☆いぬ年…時世を先取りするような進歩あるが理解されない日 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月3日から引用 この世の中の技術は、日々目まぐるしく進化しております。十年一昔前という言葉がありますが […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村