解説(22日・とら)

☆とら年…掃除をすれば庭が清まる以上に心が清まる。掃除に吉祥ある

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月22日から引用

自分の日常をいかに良いものに変えていくか、その鍵はどこにあるでしょうか。

お金がなければ良いものにはならないとお考えの方、そうではありません。もし仮にお金が絶対条件ならば、お金のない人は良い暮らしを送りようがないということになります、そうではないのです。

今の自分の運気を上げていこうと思ったら、まず新しいことを始めるのではなく、良いものが入ってこれるような状態を作るということ。それは、具体的な空間ということもありますが、エネルギーの余白のようなものでもあります。そして、最も重要なことは、運気を下げるようなことはしないということ。運気は、上げるのは大変ですが、下がるのはあっという間なのです。

誰でも今すぐに出来ることは、まずは掃除をするということ。今不要なものは、全て処分しましょう。物に対する執着は、心の執着を生み、過去を手放さない状態では、未来の運気は入ってこれません。また、掃除をすることによって、その空間と、物の対して執着していた心が清められます。

次に、自分の行動を見直すということ。雑で瑣末な行いは、質の粗いエネルギーとして、同じような粗いエネルギーを引き寄せます。粗いエネルギーの物事は、決して良い運気とはいえません。日々の暮らしを丁寧に過ごすということ。

最後に、言動に気をつけるということ。話すということは、宣言をするということ。品のない言動は、そういう自分であるということを、常に宣言し、認めていることに繋がります。今の自分から変わりたければ、言動を改めましょう。

日々の生活に気を配ることで、より良い暮らしを引き寄せてまいりましょう。

他の解説を読む

  • 日々、恥を重ねる毎日において日々、恥を重ねる毎日において ☆とら年…人生の九割は恥ずべきことなりと覚悟せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月23日から引用 人間は、無知であります。 頭であれこれと考えて、科学や文明が進歩したことで、まるで時代を重 […]
  • 競うということ 高みを目指すということ競うということ 高みを目指すということ ☆ね年…親しき友と競争するがふとした事よりトラブルあり。勝負事不順がち 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月21日から引用 この世の中は競争社会です。私たちは、子供の時分から、勉強やスポーツで優劣を […]
  • 身も心も忙しいときに考えるべきこととは身も心も忙しいときに考えるべきこととは ☆うし年…あまりに多忙過ぎて余裕なし。一休みせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月22日から引用 やることが多く、多忙だということは、人によっては嬉しい悲鳴の人もいらっしゃることでしょう。 […]
  • 世の中を動かすためには、名誉欲がなければならないのか世の中を動かすためには、名誉欲がなければならないのか ☆い年…名誉欲のない者に世は動かせない。これはこれで恐ろしい事なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年3月20日から引用 今の日本の社会においては、人の上に立ち世の中に影響を与えようと思えば、相当の人 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村