2017解説

解説(22日・たつ)

☆たつ年…人の欲の中で飲食ほど強いものはない。欲しいままにすればまず心を害す

東京新聞TOKYO Web
平成29年6月22日から引用

物を食べて美味しい、と思える幸せは、誰もが経験したことがあるでしょう。

食べたら幸せな心持ちになれる、それは人生の中で、とても叶えやすい幸せであると言えます。

また、食べなければ、生きてはいけないというのも事実。

生きていたいという欲と、幸せになりたいという欲が満たされる飲食は、人にとってとても強い引力があります。

さて、欲は、なくした方がいい、と聞いたことがあるかもしれません。

欲とは、人が生きる上での活力となるもの、日々の喜びや楽しみがあるから、人は生きていける。そのため、飲食の喜びも、必要なものです。

欲は、無くすのではなく、小欲であるということ。

貪る心は、同じ質感を呼び寄せます。人生が、貪りや怒りに満たされて、真実から遠ざかっていかないように、控え目でいる、足を知るということが肝要です。