2017解説

解説(21日・う)

☆う年…業の深き者に幸来りて救いあり。幸不幸に悩まず仏に任せよ

東京新聞TOKYO Web
平成29年6月21日から引用

この世の中に起こる出来事は、多種多様で、自らが想像し得ないことも多く起こります。

人生の道は、自ら進んでいますが、道を用意しているのは、自分でしょうか?親でしょうか、上司でしょうか?

人は、人生の舵取りはしますが、その道は、天から与えられたもの。

人が人生において出来ることは、大きく道を外れないように、舵を取ること、その道を外れないために、その道を信じることです。

生きておりますと、幸せと感じることも、そうではない、と思うことも、出来事によって、さまざま感じることがあるでしょう。

しかし、それ自体は、人生の彩りであり、進むべき道にある、草花や蝶々のようなもの。

起こる出来事は、そのまま受け入れて、人生の道を信じて、進んでいきましょう。

信じるという行為の先に、幸せと感じられる心があるのです。