2017解説

解説(2日・とり)

☆とり年…山積みの課題をこつこつ処理すべし。整理整頓に大吉

東京新聞TOKYO Web
平成29年8月2日から引用

やらなければいけないことが多すぎて、何から手をつけていいのか分からない、という経験をされた方も多くいらっしゃることと思います。

そんな時、どこから手をつけるべきか、どうしたら効率良く作業できるのか、よく検討してから行動する、という方もいらっしゃることでしょう。

どうしていいか分からなくなった時は、考えることを止めて行動し始めましょう。思考は、ときに自分の歩みを止める足枷となります。

動きはじめたら、常にフラットな状態でいることが肝要です。どんなことでも柔軟に対応できるように、こだわりや思い込みは捨ててしまいましょう。

整理整頓で重要なことは、大切なものを探し分けることではなく、不要なものもを捨てるということ。これは、思想にも言えることです。余計な考えや想いは、捨ててしまう。そのことに、執着せずに、とらわれない。

不要なものを捨てていけば、身も心もどんどんと軽くなります。空いたスペースには、思いもよらないものが舞い込んでくるでしょう。多くを手放すことで、得るものがあるのです。