解説(2日・うま)

☆うま年…うららかな春に友人と酒を交わす。交友深まる時

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月2日から引用

自らの向上を目指す時、今までの友人とは折り合いが付かなくなる時があるかもしれません。

自分が進んでいっているのに、周りは進まず停滞していると、思い悩むこともあるでしょう。

人との接し方は様々ですが、価値観の異なる人とは、共に進むことは難しいでしょう。

割り切ることは、見捨てることとは違います。割り切りは、お互いのためになるということ。

春の爽やかな日差しのように、暖かな心を開いていれば、新たな門出に伴う友人も、新たにできることでしょう。

尊敬し合える友と酒を交わし、新年の慶びといたしましょう。

他の解説を読む

  • 与える喜びと感謝を知る与える喜びと感謝を知る ☆うし年…恩恵の報いを求めなければ後に楽しき事が必ずある 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月6日から引用 他者や世の中の為の行動であっても、必ずしも良いことになっていると思えないことがあります。 […]
  • 過去に縛られ生きている人々へ過去に縛られ生きている人々へ ☆い年…過去の誉れより今後の謗りがなきように。未来悪ければ過去の栄光も水の泡 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月4日から引用 世の中の大抵の人は、過去の中を生きております。 子供の時分に親に […]
  • 人が背負う価値観について人が背負う価値観について ☆ね年…子供が仲良く遊ぶ象。何事も邪心なくして喜び多し 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月5日から引用 人と人は、謀り事なくまっさらな状態で接し合うことが出来れば、お互いがお互いを優しさで包み合う […]
  • 発する言葉に気を付ける発する言葉に気を付ける ☆いぬ年…仁丹を噛みて口中爽やか。本日は良き言葉を出して吉日なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年9月3日から引用 人の口というのは、日々汚れてしまうものであります。 思い返して頂きたいのです […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村