解説(19日・うま)

☆うま年…猛虎に角を生ずる様。強固なれど邪魔となる。身軽にして良し

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月19日から引用

人はとかく、何事に対しても、もっともっと、と、更なる要素を求めてしまいがちです。

しかし、要素とは、必ずしも多ければ多いほど良いというわけではありません。

むしろ、物事を高めていくとは、研ぎ澄ますことであり、最良を伸ばす、ということ。

研ぎ澄まし、要素を減らす上で、目立ってくる最良があるのです。

 

他の解説を読む

  • 解説(21日・うま)解説(21日・うま) ☆うま年…自分の立場を守り、人の立場を侵してはいけない 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月21日から引用 人は、みな違う感覚感性を持ち合わせております。誰かにとって苦手なことも、自分は得意かもし […]
  • 解説(23日・うま)解説(23日・うま) ☆うま年…感謝は自身を助ける良薬。されど容易に感謝出来ぬを懺悔せよ 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月23日から引用 ありがとうございます。ごちそうさまでした。みなさま、手を合わせて、毎日言葉にし […]
  • 解説(16日・うま)解説(16日・うま) ☆うま年…力あれば強しと思うな。負ける悲しみに真の強さあり 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月16日から引用 何かを競うとき、例えばスポーツでは、勝負事ですので、勝ちを目指して行います。身内どうし […]
  • 解説(30日・うま)解説(30日・うま) ☆うま年…時代を越え民族を越えて天地自然より音楽は聞こえる。芸能に良し 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月30日から引用 都会の街の中におりますと、なかなか意識することも少なくなりますが、天地 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村