解説(19日・い)

☆い年…物は粗末に扱えば粗末な物となり、尊重すれば尊重品となる。商売人の心得

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月19日から引用

物に価値を付けるのは人間のすることですが、何故その価値に成り得るかといえば、それはその物を大切に想う気持ちが働くから。

その物を作って欲しいと思う人の想い、その物を作る人の願い、出来たものを大切にしようと思う心、物には、様々な想いが宿ります。

その想いこそ、その物の価値なのです。これは、金銭の話ではなく、その物に対峙する人にとっての価値の話。

物を大切にしようと想う心は物に宿り、その想いの宿った物は、その物を大切にしたいと想う人の元に届く。

大切に想う心は反応し合う、これが、物を大切にするということであり、この世の中の巡りの本質なのです。

他の解説を読む

  • 凝りを知り、真実を知る凝りを知り、真実を知る ☆うし年…身体が凝り心も凝り固まるというが、実は勝手に凝っている 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月26日から引用 身体が凝り、心が凝るのか。心が凝り、身体が凝るのか。 それはどちらでもある […]
  • 才覚があるということの有り難さについて才覚があるということの有り難さについて ☆い年…才覚ある者は自惚れて凡愚にも劣るところあり。要注意 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月24日から引用 人よりも才覚があるというのは、有り難いことです。その才覚を、世に活かしていけたら何より […]
  • 自分の判断と現実の相違について自分の判断と現実の相違について ☆ね年…水滴の音が部屋に鳴り響く。小事でも大きな影響あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月25日から引用 みなさま、自分ひとりの行動について、どれだけの影響力があるとお考えでしょうか。 自 […]
  • 幸せの定義とは何か幸せの定義とは何か ☆いぬ年…幸福には段階がある。物質から離れ真理を重んじよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月23日から引用 幸せとは、一時の感情のこと。具体的な物事を指すのではなく、起こる物事によって感じる充足感 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村