解説(19日・い)

☆い年…物は粗末に扱えば粗末な物となり、尊重すれば尊重品となる。商売人の心得

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月19日から引用

物に価値を付けるのは人間のすることですが、何故その価値に成り得るかといえば、それはその物を大切に想う気持ちが働くから。

その物を作って欲しいと思う人の想い、その物を作る人の願い、出来たものを大切にしようと思う心、物には、様々な想いが宿ります。

その想いこそ、その物の価値なのです。これは、金銭の話ではなく、その物に対峙する人にとっての価値の話。

物を大切にしようと想う心は物に宿り、その想いの宿った物は、その物を大切にしたいと想う人の元に届く。

大切に想う心は反応し合う、これが、物を大切にするということであり、この世の中の巡りの本質なのです。

他の解説を読む

  • 人間と他の動物との違いについて人間と他の動物との違いについて ☆ひつじ年…人間は他の生物よりも優れた才知あるから苦しむ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月31日から引用 人間と他の動物と比べて特に優れている点とは何でしょうか。 それは、良くも悪くも頭が […]
  • 信頼と尊敬の心を持つこと信頼と尊敬の心を持つこと ☆み年…上辺だけの社交辞令をやめて、真の尊敬心を以て大吉運 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月29日から引用 人間同士が、かみ合った歯車のように絶妙にそれぞれの役割をこなすためには、お互いに対する […]
  • 学びは続けるが難し学びは続けるが難し ☆うま年…学ぶほど知らない事が出てくるもの。さらに向上あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月30日から引用 人生において、学ぶということは際限がありません。 しかし、自分自身が満足してしま […]
  • 物事の原点に立ち帰るとき物事の原点に立ち帰るとき ☆たつ年…人の智恵のみで解決できる問題は知れている。自然に学ぶべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月28日から引用 人の営みについて、自然と共に生きていた時代は終わり、文明社会へとなりました。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村