解説(18日・いぬ)

☆いぬ年…快楽は一時のもの。安楽は永遠のもの

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月18日から引用

快楽と安楽の違いは、何でしょう。

快楽というのは、官能的な欲望に限らず、人の持つ欲望が満足したときに起こる感情のこと。

これは、人の感じる感覚器官の五感によってもたらされる感情です。美味しいものを好きな時に好きなだけ食べることも快楽、楽しいテーマパークに出かけアトラクションを楽しむことも快楽、異性との交わりによって得られる悦びも快楽。

すべては、平時とは違う、刺激的な五感の喜びによって得られる一時的なもの。それらは確かに人の心を喜ばせばますが、一時的だからこそ、満足できるともいえます。

さて、では安楽とは。これは、一時的なものではなく、平時における状態のことです。

心が諸々の苦しみから解放されて、常に安らいでいるその境地を、安楽と呼ぶのです。

人生には、様々なことが起こります。どんなに崇高な人間にも、苦しいことは起こるでしょう。それが、この世の中。では、安楽などできるはずがないのでは、と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

苦しみは、その事実を受けとめることができないためにいつまでも心に残るのです。すべての物事に、とらわれることなく受け入れることができていけば、安楽の境地に辿り着くことができるでしょう。

 

他の解説を読む

  • 世界の実体とは世界の実体とは ☆さる年…身体は実にして虚なり。心は虚にして実なり。心を養うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月6日から引用 私達は日々、様々なモノを見て、聞いて、感じて生活しています。 身体の五官の […]
  • 教育のあり方を見直すとき教育のあり方を見直すとき ☆うま年…子供の教育の最良の第一は礼を教える事である 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月4日から引用 子供への教育について。 近年は、誰もがお勉強の点数という基準において評価され、順位付け […]
  • 貪りから離れるとき貪りから離れるとき ☆ひつじ年…餓鬼の心になりて事を損ずる。むさぼりから離れよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月5日から引用 人の心というものは、きっかけを作ってしまうと、あっという間に堕ちていきます。 欲 […]
  • 心と同調した生き方のために心と同調した生き方のために ☆み年…道を行くに自らを後回しにして他人を先にするように心がけよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月3日から引用 人が行動するのには、動機が必要なことがあります。 ただ、動機が必要な場合と […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村