解説(17日・ね)

☆ね年…不足を当たり前と思えばすべて安楽。その心を養うべし

東京新聞TOKYO Web
平成29年8月17日から引用

人の欲は、とどまることを知りません。より便利に、より快適にと、日々改良が重ねられ、世の中に出て回っております。

毎年新作があり、日々商品は増え続けています。生活に何か不便を感じたなら、そのことを解決してくれる商品が、大抵はあるでしょう。

結局のところ、何を基準に考えるかで、その心持ちは変わってまいります。

日々、新作を追い求めていれば、常に不足していると感じる、物を切望した状態でいることでしょう。

反対に、今の状況に満足できていれば、何かを不足と感じることもなくなるでしょう。

物は所詮、移り変わり朽ちていく、虚しいものです。追い求めても、終わりはなく、常に欠乏した心に悩むことになります。欲しいと思う心から離れれば、とても解放された気持ちになるでしょう。

虚しいものを追い求めるのではなく、少しの物欲を楽しみながら、足るを知る心を養いましょう。

どんな状況であっても、身の回りは、自分を表しているということを、忘れてはなりません。

物で溢れて乱れた状況から、自分らしい少しの物で満たされた状況へと変化するときです。

また、生き方についても、常に上辺を繕うのでなく、趣のある自分らしい生き方を、してまいりましょう。そのとき、心は満たされ、安楽を得ることでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(9日・ね)解説(9日・ね) ☆ね年…実なくして名誉を得んとするは財宝を盗むより悪い 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月9日から引用 等身大の自分で、見栄を張らずに生きていくということ、とても簡単なことですが、なかなか実践で […]
  • 解説(10日・ね)解説(10日・ね) ☆ね年…言葉も上手く喋ろうと意識すればぎこちなくなる。練習に練習せよ 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月10日から引用 生きていく上で、人との関わり合いは必要不可欠なもの。できれば、上手く付き合っ […]
  • 解説(4日・ね)解説(4日・ね) ☆ね年…無形のものを見、無声の声を聞いて真実に生きよ 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月4日から引用 百様を知って一様を知らず、という言葉がございます。これは、博識であるが、本当に知っていること […]
  • 解説(5日・ね)解説(5日・ね) ☆ね年…針山を夢で登るも少しも痛からず。困難あれども苦にならず 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月5日から引用 みなさま、日頃どのような夢を見ておられますか。よく夢を見る方もあれば、たまにしか […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村