解説(16日・さる)

☆さる年…想いもよらぬところから鳥が飛び立つ様子。急な事ありがち

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月16日から引用

急な出来事が起きたとき、人はどう動くことができるでしょうか。多くの人は身構えるということになりますが、場合によっては、咄嗟の機転や、とにかく一歩を踏み出すということにより、全く違う結果となるでしょう。

考えるでもなく身体が動くということは、理屈ではないのです。寧ろ、考えることをしていては、身体は動くことができないでしょう。

そして、考えや理屈を超えた行動でしか、起こすことのできない働きがあるのです。そういう働きこそ、物事が動く原動力になるのです。

身体を重くするものは、こだわりや理屈である。自分を進めるものは、勇気と意志である。

日頃から、自分がどう生きていきたいのか、意志を明確にすることが、考えを超えるのです。

他の解説を読む

  • 余白の大切さを知る余白の大切さを知る ☆とら年…何事も一服するのに良き日。特に精神的安息が大切なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月30日から引用 日頃から、仕事と家庭の行き来の中で、毎日があっという間に過ぎてはいませんか。 […]
  • 物事の真実を知るために物事の真実を知るために ☆ね年…肉眼は開いていても心の眼が開かなければ一事一物の尊さが見えない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月28日から引用 みなさまの中に、自分の目で見たものしか信じない、と思っていらっしゃる方は […]
  • 人生における実りの為に人生における実りの為に ☆うし年…草木に秋光射して果物実る時。吉なる兆しあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月29日から引用 草木に果物が実るように、人生にも吉事が巡ってまいります。 草木の実りには、蜂や蝶々の […]
  • 慎む心を知る慎む心を知る ☆い年…身を慎む、口を慎む、心を慎む。楽しい時には気づかぬもの 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月27日から引用 自分の行動を慎むこと、これは自分自身にしか出来ないことです。 ときには、本 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村