解説(16日・さる)

☆さる年…想いもよらぬところから鳥が飛び立つ様子。急な事ありがち

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月16日から引用

急な出来事が起きたとき、人はどう動くことができるでしょうか。多くの人は身構えるということになりますが、場合によっては、咄嗟の機転や、とにかく一歩を踏み出すということにより、全く違う結果となるでしょう。

考えるでもなく身体が動くということは、理屈ではないのです。寧ろ、考えることをしていては、身体は動くことができないでしょう。

そして、考えや理屈を超えた行動でしか、起こすことのできない働きがあるのです。そういう働きこそ、物事が動く原動力になるのです。

身体を重くするものは、こだわりや理屈である。自分を進めるものは、勇気と意志である。

日頃から、自分がどう生きていきたいのか、意志を明確にすることが、考えを超えるのです。

他の解説を読む

  • 変わらないのも自分、変わるのも自分変わらないのも自分、変わるのも自分 ☆う年…勝手に名前を与えて型にはめている。頭を柔らかくせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月27日から引用 人が物事の価値を定めるとき、世間や他人の価値観に評価を委ねてしまうことが多々ありますが […]
  • 慢心に気付く慢心に気付く ☆うし年…利口と思うほど慢心が強い。大きな失敗をする 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月25日から引用 人はとかく、自分のことばかりを考えて慢心してしまう傾向があります。 これは特別なことで […]
  • 物事に向き合うことの大切さ物事に向き合うことの大切さ ☆とら年…一事に徹せざれば万事に徹せず。散乱心を慎め 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月26日から引用 我々がしてしまう言い訳の中に、場所や相手、時間が違えば出来るのに、というものがあります。 […]
  • 影響力とはどういった力なのか影響力とはどういった力なのか ☆ね年…万人が心を異にすれば一人の用も達せず。調和を心がけよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月24日から引用 優れた人物には、一つの特徴があります。 特に、この世の中で物事を成していく、世 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村