解説(16日・さる)

☆さる年…想いもよらぬところから鳥が飛び立つ様子。急な事ありがち

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月16日から引用

急な出来事が起きたとき、人はどう動くことができるでしょうか。多くの人は身構えるということになりますが、場合によっては、咄嗟の機転や、とにかく一歩を踏み出すということにより、全く違う結果となるでしょう。

考えるでもなく身体が動くということは、理屈ではないのです。寧ろ、考えることをしていては、身体は動くことができないでしょう。

そして、考えや理屈を超えた行動でしか、起こすことのできない働きがあるのです。そういう働きこそ、物事が動く原動力になるのです。

身体を重くするものは、こだわりや理屈である。自分を進めるものは、勇気と意志である。

日頃から、自分がどう生きていきたいのか、意志を明確にすることが、考えを超えるのです。

他の解説を読む

  • 想いの強さが叶えるのではない 執着から離れるとき想いの強さが叶えるのではない 執着から離れるとき ☆うま年…目前の利益に執して自分の立場を見失う恐れあり 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月20日から引用 人が願いをかけるということは、その願いを叶えたいとする生きる上での活力になりますが、同時に […]
  • 目の前の厳しさの中にあるものは何か 乗り越えるために目の前の厳しさの中にあるものは何か 乗り越えるために ☆たつ年…厳しさの中に愛情があったと気づく日。発想を転換せよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月18日から引用 人から指導を受けるとき、一見すると理不尽なことや、納得のいかないこともあるでしょう。 […]
  • 当たり前にどれだけ感謝できるか当たり前にどれだけ感謝できるか ☆み年…何事も素直に受け取り、感謝を捧げるべし。されば天下無敵 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月19日から引用 この世に生きているということは、生かされているということ。今日もこうして過ごせてい […]
  • 執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく執着と錯覚から離れる時、苦しみは去っていく ☆う年…あらゆる苦しみは欲楽に頓着するところより生ずる 東京新聞TOKYO Web 平成30年4月17日から引用 人が生きていくということは、苦しいことです。人には、解決が出来ない苦しみがあり、それから逃 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村