解説(16日・さる)

☆さる年…想いもよらぬところから鳥が飛び立つ様子。急な事ありがち

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月16日から引用

急な出来事が起きたとき、人はどう動くことができるでしょうか。多くの人は身構えるということになりますが、場合によっては、咄嗟の機転や、とにかく一歩を踏み出すということにより、全く違う結果となるでしょう。

考えるでもなく身体が動くということは、理屈ではないのです。寧ろ、考えることをしていては、身体は動くことができないでしょう。

そして、考えや理屈を超えた行動でしか、起こすことのできない働きがあるのです。そういう働きこそ、物事が動く原動力になるのです。

身体を重くするものは、こだわりや理屈である。自分を進めるものは、勇気と意志である。

日頃から、自分がどう生きていきたいのか、意志を明確にすることが、考えを超えるのです。

他の解説を読む

  • 幸せの定義とは何か幸せの定義とは何か ☆いぬ年…幸福には段階がある。物質から離れ真理を重んじよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月23日から引用 幸せとは、一時の感情のこと。具体的な物事を指すのではなく、起こる物事によって感じる充足感 […]
  • 困難に立ち向かうための妙法とは困難に立ち向かうための妙法とは ☆さる年…峠の一本松は枝を曲げて風に随う。困難に処する妙法 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月21日から引用 人生において、困難の壁に当たったとき、どう対象すべきなのか。 切り抜けるべき方法 […]
  • 仕事の本質を見つめる仕事の本質を見つめる ☆とり年…悪銭は身に付かず。道に適わぬ事を為さず忍耐して吉なる 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月22日から引用 みなさま、お仕事をされているかと思います。 仕事に対する想いというのは人それ […]
  • 苦しい人生、変わらない人生の中で苦しい人生、変わらない人生の中で ☆ひつじ年…苦楽は心の持ち方次第。心を明るく持ちて生涯安楽なり 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月20日から引用 人生はとても苦しい、それは誰もが感じていることかと思います。 もしも全く感じ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村