解説(14日・うま)

☆うま年…協同と争闘を繰り返して事業商売の発展をみる

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月14日から引用

志を立てて、その目標に向かうとき、その目標は、1人で成し遂げるにはあまりにも大きなものかもしれません。

志を立てたのは誰であれ、自分1人ということにこだわっていては、生涯達成することは難しいかもしれない。

自分で成し遂げられると思ったように、人1人の力というものは、小さいようでいて大きいもの。その志に同意してくれる同士がいたら、これほど頼もしいものはありません。

人が集まれば、その力は協同して大きなものとなるでしょう。また、その力は、争闘されより精度を増していくことでしょう。

人の力を、信じてまいりましょう。自分1人でやってやる、という想いは、他人を信用していないということのみならず、自分自身を信用できていないための慢心から起こる心かもしれません。

他の力を信じるは、自を信じることなり。

他の解説を読む

  • 生きる視点を変える日生きる視点を変える日 ☆とり年…身を低くして空の高さを知る。謙なる心は天地正大に目覚める 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月31日から引用 私たちは日頃、自分の思い込みの中を生きております。 何事も分かった気に […]
  • 明けない夜はない明けない夜はない ☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月29日から引用 どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。 どんな […]
  • 余白に降り立つ吉運かな余白に降り立つ吉運かな ☆さる年…物事整理して心機一転。何事も吉に向かうかな 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月30日から引用 みなさま、年末の大掃除はされましたか。 これから掃除をする、という方も多くいらっしゃ […]
  • この世で学ぶべきものこの世で学ぶべきもの ☆うま年…動かぬ雲、止まる水の如く心を固くする事なかれ。常に動くものなり 東京新聞TOKYO Web 平成30年12月28日から引用 蒼空を見上げれば、白き雲が悠々と泳ぎ、大地を見下ろせば、水がさらさらと […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村