解説(14日・うま)

☆うま年…協同と争闘を繰り返して事業商売の発展をみる

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月14日から引用

志を立てて、その目標に向かうとき、その目標は、1人で成し遂げるにはあまりにも大きなものかもしれません。

志を立てたのは誰であれ、自分1人ということにこだわっていては、生涯達成することは難しいかもしれない。

自分で成し遂げられると思ったように、人1人の力というものは、小さいようでいて大きいもの。その志に同意してくれる同士がいたら、これほど頼もしいものはありません。

人が集まれば、その力は協同して大きなものとなるでしょう。また、その力は、争闘されより精度を増していくことでしょう。

人の力を、信じてまいりましょう。自分1人でやってやる、という想いは、他人を信用していないということのみならず、自分自身を信用できていないための慢心から起こる心かもしれません。

他の力を信じるは、自を信じることなり。

他の解説を読む

  • 信頼と尊敬の心を持つこと信頼と尊敬の心を持つこと ☆み年…上辺だけの社交辞令をやめて、真の尊敬心を以て大吉運 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月29日から引用 人間同士が、かみ合った歯車のように絶妙にそれぞれの役割をこなすためには、お互いに対する […]
  • 変わらないのも自分、変わるのも自分変わらないのも自分、変わるのも自分 ☆う年…勝手に名前を与えて型にはめている。頭を柔らかくせよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月27日から引用 人が物事の価値を定めるとき、世間や他人の価値観に評価を委ねてしまうことが多々ありますが […]
  • 物事の原点に立ち帰るとき物事の原点に立ち帰るとき ☆たつ年…人の智恵のみで解決できる問題は知れている。自然に学ぶべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月28日から引用 人の営みについて、自然と共に生きていた時代は終わり、文明社会へとなりました。 […]
  • 物事に向き合うことの大切さ物事に向き合うことの大切さ ☆とら年…一事に徹せざれば万事に徹せず。散乱心を慎め 東京新聞TOKYO Web 平成30年8月26日から引用 我々がしてしまう言い訳の中に、場所や相手、時間が違えば出来るのに、というものがあります。 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村