解説(14日・うま)

☆うま年…協同と争闘を繰り返して事業商売の発展をみる

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月14日から引用

志を立てて、その目標に向かうとき、その目標は、1人で成し遂げるにはあまりにも大きなものかもしれません。

志を立てたのは誰であれ、自分1人ということにこだわっていては、生涯達成することは難しいかもしれない。

自分で成し遂げられると思ったように、人1人の力というものは、小さいようでいて大きいもの。その志に同意してくれる同士がいたら、これほど頼もしいものはありません。

人が集まれば、その力は協同して大きなものとなるでしょう。また、その力は、争闘されより精度を増していくことでしょう。

人の力を、信じてまいりましょう。自分1人でやってやる、という想いは、他人を信用していないということのみならず、自分自身を信用できていないための慢心から起こる心かもしれません。

他の力を信じるは、自を信じることなり。

他の解説を読む

  • 凝りを知り、真実を知る凝りを知り、真実を知る ☆うし年…身体が凝り心も凝り固まるというが、実は勝手に凝っている 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月26日から引用 身体が凝り、心が凝るのか。心が凝り、身体が凝るのか。 それはどちらでもある […]
  • 才覚があるということの有り難さについて才覚があるということの有り難さについて ☆い年…才覚ある者は自惚れて凡愚にも劣るところあり。要注意 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月24日から引用 人よりも才覚があるというのは、有り難いことです。その才覚を、世に活かしていけたら何より […]
  • 自分の判断と現実の相違について自分の判断と現実の相違について ☆ね年…水滴の音が部屋に鳴り響く。小事でも大きな影響あり 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月25日から引用 みなさま、自分ひとりの行動について、どれだけの影響力があるとお考えでしょうか。 自 […]
  • 幸せの定義とは何か幸せの定義とは何か ☆いぬ年…幸福には段階がある。物質から離れ真理を重んじよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年6月23日から引用 幸せとは、一時の感情のこと。具体的な物事を指すのではなく、起こる物事によって感じる充足感 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村