解説(14日・いぬ)

☆いぬ年…物を生かすも殺すも人の心である。心を尊重して太平

東京新聞TOKYO Web
平成29年10月14日から引用

この世は物質世界でございます。物質的な進化が、人の豊さを作っていったと言っても、過言ではないでしょう。しかし、それはあくまでも表面的な豊さ。心の豊さではありません。

物質的にどれだけ発展しようとも、人の心はそれに合わせて柔軟に対応していく他ないのです。

これからも、物質的な進化は日々行われていくことでしょう。そこで大切なのことは、どれだけ便利になったとしても、そのことに手を合わせ感謝をして、その便利さに溺れないということ。

便利になるとは、一般的には時間の節約や労力の節約になることを指すでしょう。

しかし、時間とは、心の持ちようによって密度が変わります。単に時間が増えたからといっても、心の在り方によっては、虚ろに流れていく時間となってしまう。物質にとらわれた心では、物質を追い求めるだけの時間を過ごして、ただ終わってしまうかもしれない。

心は常に、何にも奪われることなく、とらわれることなく、自由で尊い心のもとで、物質の豊さに感謝をして、この世の中を渡っていきましょう。とらわれのない感謝の心によって、太平となる。

他の解説を読む

  • 解説(27日・いぬ)解説(27日・いぬ) ☆いぬ年…晴れにも非ず曇りにも非ず。心中爽快ならず、心気一転すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月27日から引用 生きておりますと、なかなか気持ちが晴れない、何をするにもやる気が出ない、という […]
  • 解説(3日・いぬ)解説(3日・いぬ) ☆いぬ年…時世を先取りするような進歩あるが理解されない日 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月3日から引用 この世の中の技術は、日々目まぐるしく進化しております。十年一昔前という言葉がありますが […]
  • 解説(15日・いぬ)解説(15日・いぬ) ☆いぬ年…愛は統一であり、怒りは分裂である。家庭生活で特に注意 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月15日から引用 みなさま、いかがお過ごしですか。心穏やかな日々を送られていますでしょうか。 […]
  • 解説(22日・いぬ)解説(22日・いぬ) ☆いぬ年…志が立たないからいたずらに妄念が生じて困惑する。反省せよ 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月22日から引用 何かを成そうと思っても、日々の暮らしに追われて、なかなか転換できないという […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村