解説(12日・とり)

☆とり年…過不足のない中庸の道は見出し難いが人生の妙あると知るべし

東京新聞TOKYO Web
平成29年12月12日から引用

人は、どうしても物事を感情で捉えてしまいがち。自分の感情や、相手の感情に流され・また考慮しながら、物事を選択決定しております。

しかし、感情という判断基準は、どうしても片寄りがあり、とても不安定なものなのです。揺れ動き、身動きがとれなくなるまで、振り回されるかもしれません。

物事は、俯瞰して中庸をとる、というのが良。

中庸とは、中程を取るという意味ではありません。中庸とは、物事の正しい中心からブレないということ。その中心から、どちらか一方に片寄らないということです。

この中心を見出すことは、初めはとくに難儀なことでしょう。何が正しいのか分からず、どう努力していいのか悩むこともあるでしょう。

では、どうするべきなのか。

中心は、真実ということですが、これは自分の外にあるものではありません。物事の中心は、自分の中心であるということ。悩むとは、常に自分の外に真実を見出そうとするから。外の世界や他人の中に自分の真実はないのです。

自分と向き合い、欲や諦めを除いた心の中心には何があるのか、見極めるのです。その自分の中心からズレない、感情に左右されないということこそ、中庸であり、真の人生を掴んでいく術なのです。

他の解説を読む

  • 解説(14日・とり)解説(14日・とり) ☆とり年…一呼吸の間に悠久の働きあり。日々感動の連続なり 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月14日から引用 私たちが日頃、意識することなく自然と行っている呼吸。生まれてから死ぬまで、呼吸をする […]
  • 解説(9日・とり)解説(9日・とり) ☆とり年…自ら植えた若松がすぐに千尺になるを望むな。今日一日に精を出せ 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月9日から引用 何か物事に取り組み始めた時、そのものに対する期待が大きければ大きいだけ、 […]
  • 解説(21日・とり)解説(21日・とり) ☆とり年…心と心には距離がない。千里を隔てても千年経っても伝わる 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月21日から引用 いつまでも人の心に触れる名作、というものがあります。それは、技術が素晴らしい […]
  • 解説(27日・とり)解説(27日・とり) ☆とり年…初風呂に入り湯気の立ち上る象。他日の善報に包まれる様な日 東京新聞TOKYO Web 平成29年6月27日から引用 目出度きことがあった時こそ、身も心も清めましょう。新年を迎えるように、そこ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村