解説(12日・とら)

☆とら年…香蘭の中に悪臭。楽しみに嫌な事起こりがちかな

東京新聞TOKYO Web
平成29年9月12日から引用

楽しい時間を過ごしておりますと、この時間がずっと続けばいいと、思うこともあるでしょう。そんなとき、何か興醒めしてしまうことが起きれば、その楽しい時間が壊された、と思うかもしれません。

さて、起こることは、事前に選ぶことはできません。ましてや、自分の好きなことだけ起こす、ということは叶いません。

しかし、自分が楽しいと思えることだけを起こすことができたとして、それは本当に楽しいと言えるでしょうか。

人の欲望など、実はちっぽけなものです。叶わない、または努力次第で叶うからこそ躍起になりますが、何でも叶ってしまったら、早々に大してやりたいこともなくなるでしょう。

何が起こるか分からないというのが、人生の妙味。自分の想像を超えたものがあり、嫌なことがあるからこそ、楽しみが映える。

また、その楽しい時間にも限りがあるからこそ、その時を大切に過ごそうと思うものです。

嫌なことは日々の中で必ず訪れます。それを、どう感じるかにより、物事の味わいは変わっていきます。

嫌なものにとらわれることなく、それが自分の人生に起こったという事実を許してまいりましょう。許して受け入れるということが、唯一最良の方法なのです。

そのうちに、嫌なことも好きなことも、まとめて楽しめる時が、訪れるでしょう。そうなれば、人生において怖いものもなくなるでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(31日・たつ)解説(31日・たつ) ☆たつ年…人間は美しい心と邪なる心とある。師を仰ぎて上手に制御すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月31日から引用 人の心というのは、そんなに綺麗なものではありません。日頃から、人が瞬時に思 […]
  • 解説(29日・とら)解説(29日・とら) ☆とら年…平静ならんとすればする程、心が固くなる。そのままが尊い 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月29日から引用 何かトラブルが起きたり、緊張する時、心を落ち着けなければと、平静になろうと心掛 […]
  • 解説(30日・う)解説(30日・う) ☆う年…文化が進むと怠け心も増大する。発展の影に逆賊あり 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月30日から引用 日々、工学は進化し、生活がより便利になっております。昔出来なかったことが当たり前となり […]
  • 解説(28日・うし)解説(28日・うし) ☆うし年…高慢な鼻が折れるには余程の痛みを伴うと省みるべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月28日から引用 知らない・無知であるということは、高慢であることと違いはありません。生まれてから、自 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村