解説(12日・い)

☆い年…人の禍を咎めず。許しあって和合すべし

東京新聞TOKYO Web
平成29年5月12日から引用

私たちは、常に他者と関わり合って生きています。

目の前のどんな物にも、その物に関わる人がいて、その人達のおかげで、その物がある。

自分という存在は、両親がいたからこそ、存在している。

この世界に存在するとは、決して自分一人の力では、成り得ません。

自分という存在は、個ではなく、世界を創り出しているうちの一人であり、すべての存在は、絶妙に調和し合っている。

視野を広く持ち、自分の存在を、個ではなく、全の一部と思えたとき、もっとも大切なことは、周りと和合することだと悟るでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(15日・い)解説(15日・い) ☆い年…人を使うに道を失えば家族も離れる。人道を外れるな 東京新聞TOKYO Web 平成29年10月15日から引用 人と人とは、関わり合いながら生きております。人に物を頼まれることがあれば、自分が人にお […]
  • 解説(4日・い)解説(4日・い) ☆い年…心身いたずらに労して功無し。これ欲心ある故で、猛省して自家に閑居するが良し 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月4日から引用 みなさま、日々、お仕事や家事をこなされ、ご苦労も多いことと思 […]
  • 解説(9日・い)解説(9日・い) ☆い年…暗室に居して独り慎む。やがて天佑あり 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月9日から引用 毎日、同じように生活をしておりましても、その日その日に起こる出来事によって、様々な心の動きがございます […]
  • 解説(23日・い)解説(23日・い) ☆い年…葉に朝露のほとばしる象。汗流して働きて功上がらず。静かに休養を取るべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月23日から引用 人生には、さまざまな時期があります。常に順風満帆には行かないか […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村