解説(11日・う)

☆う年…人生過失多し、過失を固守する者とならぬ様に

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月11日から引用

人は、生きながらに学んでいくもの。完璧に何でもこなせる人は存在しておりません。

もし、仮に何でもこなせている人がいるとすれば、それは失敗を失敗として終わらせずに転換できている人。

誰でも失敗いたします、過失があります。そこで気を付けなければならないことは、その失敗を肯定しようとこだわることと、尾を引くようにいつまでも手に握り締めるのをやめることです。

失敗や過失は、必ずそこに何らかの気付きがあるもの、その気付きを素早く取り出して、別の方法で活かしていく。

失敗は、切り取ってそこだけを見れば失敗ですが、大きな流れで見れば大成の一部である。

人生の経験は、すべてを活かし、肥やしとするべし。

他の解説を読む

  • 気付きとは手離すこと気付きとは手離すこと ☆たつ年…ふと欲情に陥る。神前に立ちて清風にて心洗うべし 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月20日から引用 この世界は、欲を満たすための誘惑が多いかもしれません。 食欲、睡眠欲、性欲、名誉 […]
  • 自分の心の状態を見つめる自分の心の状態を見つめる ☆とら年…心の畑を耕すことを仏は教えてくれた。福徳育ち始める 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月18日から引用 誰もが実りのある人生を持ち合わせています。 人と比べる必要のない、その人独自 […]
  • 自分とは何か自分とは何か ☆う年…私があると思うが、刻々と移り変わり行く生き物があるのみ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月19日から引用 自分とは何を指しているのか、自分で自分のことを思うとき、ほとんどの人は、自分の身 […]
  • 真の友に出会うには真の友に出会うには ☆うし年…虎渓の三笑。良友集いて喜び尽きず 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月17日から引用 虎渓三笑とは、気が合う仲間と時が経つのも忘れて談笑する意。 みなさまは、仲間との話しが尽きずに […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村