解説(10日・とら)

☆とら年…入浴して身体がきれいになれば汚い着物は着たくない。清心は汚濁を嫌う

東京新聞TOKYO Web
平成30年1月10日から引用

人は、向上していくのは難しいですが、堕落していくのはとても簡単にできてしまいます。

正しく在るということについて、どんな時でも自分がブレずにいることよりも、その場に自分を合わせていった方が楽なことも多いでしょう。

しかし、自分の心がクリアに明確になればなるだけ、交わり合うことの出来ないことというものも、増えてまいります。

どんな場所においても、全く変わらない自分でいられる状態になるまでは、何もかも不浄に見えて嫌になることもあることと思います。

心は、澄み切った清流のようでありましょう。陽の光にきらめき、尽きることなく湧き出る清らかなる水。

どのようなことも、浄化できる還元力がそこにはあるのです。

他の解説を読む

  • 心次第で変わる世界心次第で変わる世界 ☆ね年…鐘が鳴るのは心が鳴る。薫りが薫るのは心が薫るのである。心で感じよ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月16日から引用 この世界をどう感じるのか、それは私達の心次第。 ワクワクとした楽 […]
  • 今を生きている意味に気付くとき今を生きている意味に気付くとき ☆いぬ年…人間に生まれることは難中の難と知る者が人生の成功者 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月14日から引用 自分がどうして人間として地球に生まれてきているのか、考えたことはありますか。 […]
  • 素直であるということについて素直であるということについて ☆い年…疑心は素直でないから禍を招きやすい。素直に立ち返れ 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月15日から引用 素直であるということについて。 素直になりなさいと、両親や目上の方に言われたこ […]
  • 後悔しない人生のために後悔しない人生のために ☆とり年…金銀財宝は再び得られるが青春は二度と来ない 東京新聞TOKYO Web 平成30年11月13日から引用 誰にとっても「今」この瞬間というのは一度限りのもの。 同じ時というのは、二度と来るこ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村