解説(1日・さる)

☆さる年…前世の業も現世の生活を正せば正道にはいる

東京新聞TOKYO Web
平成29年8月1日から引用

人は、この世に生まれてくる前に、今回の人生はどようなものにするのか、決めて生まれてまいります。

肉体を離れれば、こだわりや、とらわれから解放され、物事を、楽しいか辛いか、ではなく、どれだけ成長できるのか、で観るようになります。

そのため、どのような人生にするのか決めるときも、幸せかどうか、楽しいかどうか、ではなく、自分が成長するためにはどういう人生にするべきなのか、という観点で判断します。

自分の生きるクセ(質)のようなものと、人との縁というものは、生まれ変わっても、自分の中に存在します。そこに、生まれてから今日まで生きてきたわだかまりが加わり、今のあなたがあるのです。

生きながら成長していくというのは、自分の中にある、しがらみやわだかまりを解いていくということから始まります。

自分が非と思うことは行わず、何事にもとらわれず、あるがままに受け入れていく。その先に、自分が世のため人のために働くことができる道が、用意されているのです。

他の解説を読む

  • 解説(31日・たつ)解説(31日・たつ) ☆たつ年…人間は美しい心と邪なる心とある。師を仰ぎて上手に制御すべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月31日から引用 人の心というのは、そんなに綺麗なものではありません。日頃から、人が瞬時に思 […]
  • 解説(29日・とら)解説(29日・とら) ☆とら年…平静ならんとすればする程、心が固くなる。そのままが尊い 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月29日から引用 何かトラブルが起きたり、緊張する時、心を落ち着けなければと、平静になろうと心掛 […]
  • 解説(30日・う)解説(30日・う) ☆う年…文化が進むと怠け心も増大する。発展の影に逆賊あり 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月30日から引用 日々、工学は進化し、生活がより便利になっております。昔出来なかったことが当たり前となり […]
  • 解説(28日・うし)解説(28日・うし) ☆うし年…高慢な鼻が折れるには余程の痛みを伴うと省みるべし 東京新聞TOKYO Web 平成29年12月28日から引用 知らない・無知であるということは、高慢であることと違いはありません。生まれてから、自 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村