解説(1日・うし)

☆うし年…窓を開ければ黒雲入り来る意。思わぬ事態起こりがち。用意周到にせよ

東京新聞TOKYO Web
平成29年7月1日から引用

思わぬ事態というのは、いつでも起こる可能性があります。

そのことによって、慌てて振り回されるのか、冷静に対処できるか、というのは、自分の心持ち次第。

日頃から、目の前に流れる物事について、絶対はなく、いつでも変わる可能性があるという意識を持ち、何事にも捉われずに、こだわらずにいれば、何が起こってもそれを問題とは思わないでしょう。

無我であり、無常であることにより、困難打破。

他の解説を読む

  • 解説(22日・うし)解説(22日・うし) ☆うし年…心がのびのびしてにこやかな人は修養の徳を重ねし結果なり 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月22日から引用 穏やかで心が伸びやかな方は、接する人や場所を和やかにすることができる。そうした […]
  • 解説(18日・うし)解説(18日・うし) ☆うし年…誰も見てない時こそ正道を歩むべし。天知り地知るなり 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月18日から引用 誰も見ていなくても、お天道様が見ているよ。 今はあまり聞かない言葉ですが、 […]
  • 解説(30日・うし)解説(30日・うし) ☆うし年…新幹線や飛行機だけが旅ではない。弥次喜多に学べ 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月30日から引用 日々、科学技術が発達いたしますと、早さというものも重視されるようになりました。 近 […]
  • 解説(25日・うし)解説(25日・うし) ☆うし年…清澄な水には魚が棲みにくい。完璧すぎる時こそ注意せよ 東京新聞TOKYO Web 平成29年7月25日から引用 人と接するとき、また、生き方として、絶対的な正しさを目指すことは、決して悪いこ […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村